インラインディフューザー エアーマスター アドバンスの商品紹介
商品概要

照明消灯時のエアレーションは酸欠防止や油膜の除去に効果的ですが、 水槽内のエアストーンやチューブ類は意外に目立つもので、邪魔だなぁ・・・と感じる方も多いと思います。 ADAのリリィパイプ(シャワーパイプ)の排水位置を水面より上に調整すれば、 排水がエアーを巻き込みエアレーションと同様の効果が得られます。 しかし、エアレーションは水中のCO2を放出するためCO2添加中は元の位置に戻さなくてはなりません。 毎日決まった時間にリリィパイプやシャワーパイプを上げ下げする・・・そんなことが毎日できる人は多くないはずです。

結局、CO2添加と連動させるためエアポンプをタイマーで制御している人が殆どですが、 エアポンプでエアレーションするにはエアストーンやチューブ類を使わざるをえません。 こうした器具で水景が乱されるのを避けるために水槽の隅へ配置すると充分なエアレーションの効果が得られません。 エアーを強めにすれば解決できますがオープンスタイルの水槽では ”しぶき” が水槽外まで飛び散って困ります。 そこで、細かい泡が出るエアストーンに交換すると、細かい泡では油膜が消えずに残ってしまい水面が汚い・・・こんな堂々巡りになりがちです。

水槽内へ設置せずにタイマー制御ができるエアレーション器具があればこうした問題が解決できるはず。 当初はCO2マスターの要領で簡単に実現できると思っていました。 しかし、フィルターの圧力に負けてエアーが出ない・エアー停止時に水が逆流する・タイマー制御で不安定になるなど、 やってみると意外に問題点が多く、単に排水経路上にエアーポンプのチューブを繋げれば良いという訳には行きませんでした。 エーハイムのディフューザーのような構造にするとエアレーション自体は安定しますが、 フィルターへの負荷が大きいため、水流の減少・インペラの異常磨耗・濾過能力の低下を引き起こしました。 こうした問題を解決するため試作を繰り返してフィルターへ負荷をかけずにタイマー制御でも安定した動作を実現したのがエアーマスターです。

エアーマスターアドバンスとは?

エアーマスターアドバンスは外部フィルターの排水ホース途中に設置するインライン型のエアレーション器具です。 フィルターホース内に送り込まれたエアーが水流のパワーで攪拌されながらエアレーションを行います。 水草水槽の照明消灯中の酸欠防止と油膜の除去・抑制に効果の高いWPWのオリジナル商品です。

エアーマスターアドバンスは内径12mmホース用と16mmホース用を2色のカラーラインナップでご用意しております。 お使いの外部式フィルターのホース径に合わせてお好みのカラーをお選びください。


エアーマスター アドバンスの稼働中の様子は動画でご確認頂けます。
≫動画1[919KB(wmv)] エーハイム2213(全開)+水作SSPP-3(強)+ADAリリィパイプP-2
≫動画2[844KB(wmv)] エーハイム2213(全開)+水作SSPP-3(強)+ADAメタルパワーパイプ

エアーマスターアドバンスの主な改良点

<新開発のエアー拡散部を採用>
エアーマスターの心臓部とも言えるエアー拡散部は金型から新規開発を行いました。 従来よりも水圧の影響を受けにい構造としタイマー制御時や長期連続使用時でも安定したエアレーションを実現しています。 また、副次的な効果ですがエアー拡散部から発するノイズも従来品より低減しております。

<接合箇所の削減による信頼性の向上>
従来品はホースやチューブの取り付け・取り外しを繰り返すと本体の接着部分の強度低下による故障が見受けられました。 エアーマスターアドバンスは基本設計から見直し、接着に頼らない本体構造とすることで信頼性を大幅に向上させました。

<生産性の改善とコストダウン>
従来品は主要部品をハンドメイドで製作していたため歩留まりが悪く、製作そのものに非常に手間がかかっていたため品薄&コスト高となっていました。 エアーマスターアドバンスでは主要部品を金型から開発して量産化を実現し、生産性改善とコストダウンを両立しました。

<マイナーチェンジしました>
ご要望の多かったカラーバリエーションの追加、CO2マスターアドバンスとエアーマスターアドバンスの判別を容易にする商品ロゴの追加、 破損の多かったチューブ接続部を太くして強度アップを行いました。

エアーマスターの特徴
以後の文章中では「エアーマスターアドバンス」を「エアーマスター」と略記しております。
★抜群の油膜破砕・抑制効果★
水流に乗って放出される泡が見苦しい油膜の破砕・抑制に抜群の効果を発揮します。 標準的なシャワーパイプでもADAリリィパイプと同じような効果が得られますし、 リリィパイプでは出水位置を上下させる手間が無くなり大変便利です。

★効率的に酸素を供給★
外部式フィルターの排水は濾過バクテリアにより酸素が消費されており酸素不足の水になっています。 エアーマスターにより酸素不足の水が水槽内へ戻る前にエアレーションを行なうことで効率的に酸素を補給します。

★水槽内スッキリ!★
エアストーンやチューブが水槽内から無くなり水槽内がスッキリ。 姉妹品のCO2マスターと併用すれば水槽内にはフィルターの給排水パイプとヒーターだけ。 汚れた器具のメンテナンスも軽減され維持管理が楽になります。

★簡単設置でコンパクト★
外部式フィルターの排水側ホースをカットして接続するだけ。 外部式フィルターをセットできる貴方なら10分もかかりません。 コンパクトで邪魔にならず水槽廻りの美観を損ねません。

★逆流防止機能内蔵★
万一、エアチューブが抜けても水が吹き出すことはありません。 フィルター配管に接続する器具に逆流防止機能は必須です。

★メンテナンスフリー★
基本的にエアーマスターのメンテナンスは不要です。 しかし、ホースのドロドロの汚れはエアーマスターの動作不良の原因となります。 フィルターやホースはドロドロに汚れた状態で放置せずに定期的にメンテナンスを行って『ついで』にホース掃除ブラシで通水路の水垢を落とす程度に掃除を行ってください。

★エアレーションノイズを軽減★
エアレーションの泡が弾ける『シュワシュワ音(エアレーションノイズ)』が一般的なエアストーン使用時に比べ軽減されます。 エアーマスターアドバンスはエアーマスター本体のエアー拡散部から発するノイズも従来品より軽減しました。 比較対象やご利用環境によってはエアレーションノイズが軽減されない場合もありますので、 あくまでもエアーマスターの使用に伴う付帯効果とお考えください。
≫リリィパイプを水面上に出した場合との比較動画(音入り)はこちら

エアーマスターの使用方法

【エアーマスター本体の接続】
エアーマスターを外部式フィルターの『排水ホース』途中のなるべく水面との高低差が少ない場所(水面より20cm以内)に接続します。 水面との高低差が大きいと水圧の影響で正常に動作しない場合があります。 必要に応じてホースバンド等を使用しホースが抜けたりしないようしっかりと接続してください。

【エアーチューブの接続】
エアーポンプからのチューブを接続します。 エアー調整機能が無いエアーポンプをご利用の場合はエア量調整プラグ(市販の分岐金具でも可)を接続してください。

【逆流防止弁の接続】
基本的には不要です。 エアーポンプを水面より低い場所に設置している場合やタイマー制御時に不安定になる場合は設置してください。 シリコン逆止弁をご利用の場合は逆止弁のOUT側が下になるようチューブを取り廻してください。

【ダブルタップの接続について】
ダブルタップを絞らずに使用する場合はダブルタップの前後どちらに接続しても差し支えありませんが、 水流を落とす目的などでコックを絞って使用する場合は『エアーマスターより手前(図の順番)』に接続してください。

【ホース・パイプ径の変更について】
エアーマスターよりも後(排水パイプ側)にエアーマスターよりも小さい径のホース・パイプは接続しないでください。 エアーマスターよりも後に小さい径のホース・パイプを接続すると、エアー排出量が極端に低下するなど正常に動作しない場合がありますのでご注意ください。
≫エアーマスター アドバンスに関するよくある質問もご覧下さい。

エアーマスター使用上の注意事項

■エアーマスターは必ず『排水側ホース』へ接続してご利用ください。
吸水側ホースへ接続した場合、フィルター内にエアーが流入しフィルター停止・故障の原因となります。 必ず排水側ホースに正しく接続してご利用ください。

■正しく設置した外部式フィルターに接続してください。
エアーマスターを接続する外部式フィルターは、外部式フィルターの取扱説明書・仕様に沿って正しく設置してください。 外部式フィルターが正しく設置されていないとエアーマスターが正常に動作しないだけでなく、エア逆流などフィルター故障の原因となります。 特に、水槽サイドなどにフィルターを設置している場合、エアーマスターがフィルターヘッドよりも低い位置にならないようにご注意ください。 また、フィルター配管を分岐・循環させているなどの場合、エアーマスターよりも後(排水パイプ側)のホースが長すぎる場合など、 排水抵抗が増すとエアーマスターが正常に動作しない可能性がありますのでご注意ください。

■自己責任でご利用ください。
いかなる場合も『エアーマスターのご利用に伴う損害』の補償は致しかねますので、 お客様の自己責任においてご利用頂きますようお願い致します。

エアーマスターの対応外部フィルター

同一メーカーの似たような型番の機種でもホースの仕様が異なる場合があります。 フィルターメーカーの仕様変更により同一型番でもホース径が異なる場合があるため掲載情報の正確性は保証できません。 お使いのフィルターの取扱説明書などに記載のホース径と一致するかご確認ください。 掲載されていない機種の対応状況やご不明な点についてはお問い合わせください。
フィルター機種取り付け位置:排水側
エーハイム
クラシック 221112mmホース用*2
クラシック 2213,2215,2217,2217-New,225012mmホース用
クラシック 226016mmホース用
500(EF-500)12mmホース用
エコ S(2231),M(2233),L(2235)12mmホース用
エコ コンフォート 2232,2234,223612mmホース用
エコ コンフォートプロ 2034,203612mmホース用
プロフェッショナル 2222,222412mmホース用
プロフェッショナルU 2026,202816mmホース用
プロフェッショナル3 2071,2073,2075,208016mmホース用
プロフェッショナル3e*1 2076,207816mmホース用
ウェット&ドライ 2229非対応
コトブキ
パワーボックス SVミニ12mmホース用*2
パワーボックス 45,55,SV4500,SV550012mmホース用
パワーボックス 90,SV9000,SV1000016mmホース用
パワーボックス SV12000非対応
テトラ
EXパワーフィルター*3 60,75,9012mmホース用
EXパワーフィルター*3 12016mmホース用
オートフィルター AX-30,AX-45,AX-60非対応*4
オートフィルター AX-45plus12mmホース用*2
オートフィルター AX-60plus12mmホース用
スドー
エデニックシェルト V1,V2,V312mmホース用*2
エデニックシェルト 6012mmホース用
ニッソー
パワーキャニスター ミニ12mmホース用*2
パワーキャニスター*5 10,2012mmホース用
パワーキャニスター*5 3016mmホース用
GEX
メガパワー 204512mmホース用*2
メガパワー 6090,901212mmホース用
メガパワー 121516mmホース用
ADA
スーパージェットフィルター ES-150/300シリーズ12mmホース用*2
スーパージェットフィルター ES-600シリーズ12mmホース用
スーパージェットフィルター ES-1200シリーズ,ES-2400シリーズ16mmホース用
*1:取付可能だがマイコン制御への影響は未確認
*2:ホース径変換アダプターキット使用(サポート対象外)
*3:ユーロEX,バリューEXを含む
*4:ジャバラホースを交換した場合はplusに準拠
*5:プロフェッショナルエディッションを含む
≫CO2マスターアドバンス/エアーマスターアドバンスの対応表(PDFファイル)はこちら

エアーマスターの主な仕様

【適合エアーポンプ】
内外径4/6mmのチューブ(アクア用エアポンプのチューブ)に対応したエアーポンプをご利用ください。 エアーポンプの性能は流量500L未満のフィルター使用時で2.0L/分、流量500L以上のフィルター使用時で3.0L/分が目安です。 WPWでは静粛性・信頼性に優れた水作 水心SSPP-2S・SSPP-3Sを推奨しています。

【エアー供給部への接続チューブ】
内外径4/6mmのエアー用チューブ(エアーポンプのチューブ)をご利用ください。

【寸法(ホース接続側×エアー供給部側×厚み)】
エアーマスター12mmホース用:73×84×18(mm)
エアーマスター16mmホース用:79×90×19(mm)