空ボンベ返送時の梱包方法
お客様へのお願い

<ボンベを梱包する前にご確認ください>
● 当店から発送した時のラップ&新聞紙巻きなどは取り除いてください。
● 口金部分にシールテープ等を使用していた場合は痕跡を残さないよう綺麗に取り除いてください。
● ボンベ本体にガムテープ・シール類・伝票などを貼りつけないでください。
● プチプチでグルグル巻き梱包はお止めください(倒れやすい・熱がこもり高温になるため)。
● ダンボール梱包内に緩衝材を使わないでください(バランスが悪く倒れやすくいため)。

<ボンベの中身が残っている場合>
● 残ガスが残っていても無理に抜く必要はありません。
● コックをしっかり締めてそのままご返送ください。


空ボンベ1本を返送する時の梱包方法

梱包はボンベの周囲をダンボールで囲うようにしてください。 ダンボールはソフトドリンクのペットボトル箱などを解体して、ボンベを底から包み込む・周囲に巻きつけるようにします。 ダンボールの内側に緩衝材(プチプチ・新聞紙・発泡スチロール)を使わないで下さい。 重量物のため緩衝材を使用するとバランスが悪なり輸送中の危険が増えます。 ダンボールとボンベの間にスキ間が出来ないよう開いたダンボールで包む・巻くように梱包して下さい。
※当店からお届け時の専用ダンボールをお持ちの場合は再利用して同じように梱包してください。


周囲を包み込むようにガムテープなどで止めてください。 運送ドライバーに指摘された場合は中身が見えないように蓋をするように上部まで完全に梱包してください。

梱包上部など見えやすい場所に「炭酸ガス空ボンベ在中・天地無用」と注意書き(貼り紙)をしてください。
空ボンベ2本を1梱包で返送する時の梱包方法

空ボンベ2本を1梱包する場合はペットボトルのダンボール箱を利用するのが簡単です。 炭酸飲料などの1.5L×8本のダンボール、コカコーラ・アサヒ系の2L×6本のダンボールだとジャストサイズなので無加工で利用できます。 ダンボールを入手したら底の部分をガムテープ等で補強して空ボンベ2本を押し込んでください。
ダンボールのフタの部分を空ボンベの形に合わせるようにしてガムテープで貼り付けます。 四隅を全て同じように貼り付ければボンベがダンボールから抜けることはありません。 すき間を完全に見えないように梱包する必要はありません(上部からボンベが見えることが大切です)。
ボンベの肩の部分とハンドル部分をヒモで縛り伝票をダンボールに貼って完成です。

梱包上部など見えやすい場所に「炭酸ガス空ボンベ在中・天地無用」と注意書き(貼り紙)をしてください。